コロナ禍でツベルクリン反応検査を受けてみた

コロナ禍でツ反を受けることにした理由

COVID-19 の国別の被害状況を比べると、日本はアメリカなどと比べて圧倒的に軽い。リスクの高い高齢者の人口比率が高いにもかかわらずだ。この原因(ファクターX)は人種差ではなく、BCG の接種状況が影響しているのではないかという仮説がある。イスラエルでこの仮説を否定した論文(JAMA誌掲載)をはじめ、いくつかの否定的な論文が発表されたことから、この仮説は信憑性のない話と結論付けた人も多いと思う。がしかし、私は今も重大なファクターだと思っている。

まず、仮説を否定する論文も、よく見ると接種年代と非接種年代を比較しているはずがそうではなかったり、株種や接種方法、接種率が行っていたりと、問題が多い。

それに、効果を認める論文もいくつか発表されてきている。以下がその例だ:

  • Effectiveness of booster BCG vaccination in preventing Covid-19 infection
  • ACTIVATE-2: A DOUBLE-BLIND RANDOMIZED TRIAL OF BCG VACCINATION AGAINST COVID19 IN INDIVIDUALS AT RISK
  • Role of BCG Vaccination in prevention of COVID-19 infection amongst the health care workers
  • 日本人はコロナに対してほとんどがワクチン接種済みのようなものであり、欧米と違って何の対策も必要ない可能性があるが、このあたりの日本での調査研究はあまり見かけない。高リスク層へのBCG再接種は有効かもしれないが、「大人がBCG接種したら子供に必要な分が足りなくなる」と、再接種が勧められない状況がずっと続いている。

    そんな中、Twitterで見かけた情報では、ツベルクリン反応検査(ツ反)でもコロナ等に対する免疫力(細胞性免疫)を強化する可能性があるという。

    いわく、結核菌保菌者やBCG接種者はCD69というリンパ球活性化指標の発現度が高く、この発現度はツベルクリン反応の発赤の大きさとも比例関係にある。

  • CD69 expression on CD4+ T lymphocytes after in vitro stimulation with tuberculin is an indicator of immune sensitization against Mycobacterium tuberculosis antigens
  • そして、コロナ入院患者のCD69を調べると、重症度と相関があったとのこと。

  • Phenotypical and functional alteration of unconventional T cells in severe COVID-19 patients
  • つまり、単純化すると、ツ反が陽性なら元々コロナに強い可能性がある、ということになる。

    もちろん、ツ反はワクチンではなく、結核に対する免疫をチェックする検査である。しかし、BCG接種者に対するツベルクリン反応検査では、2 回接種すると 2 回目の反応が強くなるブースター現象が知られている。

    (参考)BCG接種とツ反の関係の詳細はこちら(「医療従事者の結核予防とツベルクリン反応検査」)の図がわかりやすい。

    このブースター現象は結核だけをみれば判定を難しくする厄介な現象だが、BCG による細胞性免疫の活性化効果を考えると興味深い。忘れかけていた免疫記憶を呼び起こすようなものであり、BCG の効果持続期間が延長されることが期待できそう。つまり、ツ反によって、コロナに対する強さがわかるうえ、もし陰性だったとしても BCG の効果を復活させることが期待できる、かもしれない。また、ツ反であれば子供のワクチンを奪うことにもならない。

    現在多数使用されているmRNAワクチンは、先行接種国であるイスラエルやイギリスなどの状況を見る限り、とてもコロナ禍を解決できるものとは思えない。

    そこで私は、興味本位もあり、ツベルクリン反応検査を受けてみることにした。

    ツ反を受けてみて...

    調べてみると、ツ反を受けられるらしい病院はいくつかあったが、普段の診療を邪魔したくはなかったので、全国にある結核予防会の施設で受けてみることにした。

    サイトを見るとツ反を3千円台で行っているとの記載があったので、電話で予約することにした。

    すると、いまどきツ反を受ける人は少ないのか、何度も電話を回されたうえ、「なぜツ反を受けるのか、本当にツ反でよいのか」と細かく確認された。1980年代生まれの私にとってツ反はよくある検査だったが、最近ではツ反でのBCG再接種を行っていないようで、受けるのは渡航や就職で要求された場合か、結核患者と接することの多い医療従事者くらいのようだ。

    「結核の診断には別の検査もあるのになぜツ反を受けたいのか」と聞かれた私は少し困った。上記のようなBCGの副次的効果は医療界の常識ではないため、新型コロナ対策といえば専用のコロナワクチンを勧められるに決まっている。そこで私は、免疫の勉強をしていて興味本位で受けたいと申告することにした。私自身、新型コロナを特別に恐れているわけではないし、ツ反はアレルギー症状やTh1/Th2バランスとも関係があるので調べてみたかったというのが本心なので、ウソではない。

    こうして予約に成功したが、ツ反は注射後48時間後に発赤の測定を受ける必要があり、2回通院する必要がある。ちょっと面倒臭いし、結果は陽性でも陰性でもよいから2回目は辞退してもよいかな、と思ったが、ヒマだったので一応きちんと判定してもらった。

    当日になって施設につくと医師の問診があり、自主的な興味で受けたい旨を再び述べると、変な人といった感じで軽く笑われた。結核予防会によっては受けさせてもらえないところもあるようなので、受けさせてもらえるだけ有難い。

    注射後は目印のため、サインペン(?)で腕に印をつけられた。注射部位は上腕ではなく前腕だったので、半袖だと怪しく目立ち、ちょっと恥ずかしい。

    注射後時間が経つと少し腫れ、まれに小さい痛みを感じることもあった。想像以上に反応があり、48時間後の測定でも「陽性」と判定された。硬い部分と発赤の両方のサイズを測定してもらえた。

    ツ反とコロナの関係が判明

    私がツ反を受けた時点ではコロナとツ反の関係は推測に過ぎなかったが、その後、2021年10月になって、以下の論文が発表された。ツ反陽性者はみなコロナ症状が軽かったとのこと。

  • Is the course of COVID-19 associated with tuberculin skin test diameter? A retrospective study
  • やはり関係があるようだ。ツ反とコロナの関係は目立つニュースにはならなかったが、日本人の多くはツ反陽性であり、活性化された細胞性免疫の交差免疫で新型コロナにも最初から対処できていたとなると、これまでも、これからも特別な新型コロナ対策は必要なかったということになる。が、これだけ騒いだ後でそんなことは認めることは、立場のあるプライドの高い専門家たちには難しいのかもしれない。新薬や新種のワクチンばかりを勧める医療業界や専門家のこれまでの動きを見ると、国がコロナに対してツ反を積極的に勧めることにはなる気がしない。

    2回以上接種しても他人への感染を防げず、時間と経つとマイナス効果になる中途半端なワクチンよりも、ハイリスク層のみにツ反を行うほうがずっと有効だと個人的には思うのだが...