COVID-19 に関する日本の状況

COVID-19に関する日本の状況について日本人として記しておきたいと思います。まず、日本においてもCOVID-19の影響は非常に大きく、ロックダウンはしなくても大きな社会的変化がありました。感染者はマスコミに騒がれ、病院は対応に混乱し、学校は休止し、市民は外出自粛が要求されました。しかしながら、結果としての死者数は非常に少なく収まっています。PCR検査数が少ないという問題はあるものの、全国的に死者数が不自然に増えている傾向も見られません。

日本政府のCOVID-19対策は十分ではなく、市民の活動もそれほど抑制されていないのに被害が少ないため、日本の状況は不思議です。この原因として私が有力だと考えるのは、BCGワクチン政策の間接的な影響です。以下のサイトに詳述されています。

https://www.jsatonotes.com/

BCGとCOVID-19被害の相関関係は明らかに思えます。ただし、このBCG効果は日本では受け入れられていません。日本国民は、国民全体の自粛努力が無駄だったとは認めたくないのでしょう。主流の意見は、国民の大多数が免疫を獲得していない状況では再流行のリスクが高いというものです。

感染者がほとんど発生していない現在、多くの日本人は半信半疑ながら解放された気分でいますが、混乱は続きそうです。