独ツヴィリングJ.A.ヘンケルスの包丁が日本で作られている理由

ツヴィリングJ.A.ヘンケルスはドイツのゾーリンゲンを拠点とする世界的に有名な刃物メーカーです。速水もこみちが使用しているように、日本でも人気があります。

しかし、日本市場で販売されている包丁のほとんどは、実は日本製です。具体的には、岐阜県関市の工場で作られています。

なぜドイツ製の包丁を日本であまり販売していないのかというと、日本には素晴らしい包丁がたくさんあり、そのままでは売れなかったからです。

そこでツヴィリング社は日本での生産を手掛けるようになり、やがて刃物生産で有名な関市に自社工場を構えるようになったわけです。

ただ、いくら日本の包丁技術が優れているとはいえ、職人の技術に依存する日本の包丁生産がすべての面でドイツに勝っているわけではありません。

最新の素材や品質管理、機械化の面などはドイツのほうが長けています。

そこで日独それぞれの長所を融合させていった結果が、現在世界で販売されているヘンケルスの日本製包丁なのです。

日本と西洋とでは、包丁に求められる条件も異なります。MIYABI シリーズは日本国外向けに作られている高品質な和スタイルの包丁として、世界的に高い人気があります。

海外の方へのプレゼントとして検討してみてはいかがでしょうか。

 
日本人が自分で使う場合には日本向けの製品が向いており、低価格でも高品質な包丁が人気です。


Henckels ヘンケルス 「 ミラノα 三徳包丁 180mm 」 ステンレス 食洗機対応 日本製 19758-481